教員プロフィール

教授
鈴木恵二 Keiji Suzuki
所属学科複雑系知能学科
専門分野マルチエージェントシステム,マルチロボットシステム,情報システム,最適化,観光情報学,屋内位置測位システム
担当科目解析学I, 解析学II, 数値解析,複雑系科学特別セミナーA, 情報数理特論
最終学歴北海道大学大学院工学研究科
学位博士(工学)
経歴 1993年 北海道大学工学部 助手
1995年 同大学 助教授
2000年 公立はこだて未来大学 助教授
2004年 同大学 教授
2008年 北海道大学大学院情報科学研究科 教授
2015年 公立はこだて未来大学 教授
着任時期2015/04

研究内容

複雑な社会における現象の理解,あらたな社会システムデザインにむけてマルチエージェントシステムを用いてアプローチする研究を行っている.また,自律ロボット群の制御・応用を目指したマルチロボットシステムについても研究を遂行している.さらにこうした技術開発の基礎および応用としての,情報システム,機械学習を含む最適化,観光情報学にも取り組んでいる.

研究の魅力

社会の調和を情報科学の力を持って進展させ支えていくことが研究の目標である.このために,単純ではない社会に関する現象を情報科学の力で捉えて,資源の有効利用,最適化,利便性向上に向けた解決策を開発していくことにある.

実績

2009年 (株)調和技研設立,お出かけ情報サイト”びも〜る”運営

主な著作・論文

雑誌論文(国際)

Hidenori Kawamura, Ryota Ono, Keiji Suzuki:
Statement-based Cost Estimate for Co-utilization of Service Facilities,
Journal of Information Processing, Vol. 22, No. 2, pp. 270-278 (2014)

Sho Yamauchi, Hidenori Kawamura, and Keiji Suzuki,
“Observation of Synchronization Phenomena in Structured Flocking Behavior”,
Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 17, No. 5, pp. 715-720 (2013).

雑誌論文(国内)

山内翔, 川村秀憲, 鈴木恵二:
恒常性創発にむけた自発的同期に基づく振動子の集合体による自律制御,
人工知能学会論文誌, 30巻1号A, pp 1-11(2015).

山内翔, 川村秀憲, 鈴木恵二,
“自己調整機能創発へ向けた拡張Flockingアルゴリズムとその応用”,
電気学会論文誌 C, Vol. 133, No. 6, pp. 1195-1201 (2013).

国際学会発表

Toshiyuki Asai, Kei Hirata, Hidenori Kawamura and Keiji Suzuki
Behavior Analysis of Electronic Stamp Rally Participants,
The 2nd international conference on Serviceology(ICServ2014), Yokohama(2014)

Ryota Ono, Kei Hirata, Hidenori Kawamura and Keiji Suzuki
Scoring Algorithm for Event Notice Recommender System,
The 2nd international conference on Serviceology(ICServ2014), Yokohama(2014)

Sho Yamauchi, Hidenori Kawamura, and Keiji Suzuki:
Interaction of two oscillator aggregations,
The 13th International Conference on Intelligent Autonomous Systems(IAS), Italy(2014)

Segawa Shinsaku, Kin Shofuku, Kawamura Hidenori, Suzuki Keiji
Implementation of Massive Agent Model Using Repast HPC and GPU
World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (WMSCI), Orland, Florida, USA (2014)

Yohko Konno, Hidenori Kawamura, Keiji Suzuki:
Effective Operation Tuning for Local Clustering Organization in TSP,
The 5th International Conference on Advanced Manufacturing (ICAM2014), Taiwan (2014)

Yohko Konno, Hidenori Kawamura, Keiji Suzuki:
Local Clustering Organization Based Subtour Extract Approach for Large-Scale TSP,
The International Conference on Artificial Intelligence and Pattern Recognition (AIPR2014), Malaysia (2014)

Yohko Konno, Hidenori Kawamura, Keiji Suzuki:
Extended Local Clustering Organization (LCO) Based Divide and Conquer Heuristic Algorithm for Multiplexed TSP,
The International Conference on Computational Intelligence for Modeling, Control and Automation (CIMCA 2014), Austria (2014)

Sho Yamauchi, Hidenori Kawamura, Keiji Suzuki:
Oscillator aggregation in redundant robotic systems for emergence of homeostasis,
The 2nd International Conference on Robot Intelligence Technology and Application(RiTA), F4B-3, USA(2013)

Yohko Konno, Hidenori Kawamura, Keiji Suzuki:
LCO Applied to Large Scale Connected Double Circles TSP for Comparing Heuristic Strategies,
The 9th International Conference on Optimization,
Techniques and Applications (ICOTA9), p.128, Taiwan (2013)

Takeshi Ikeda, Mitsuru Kawamoto, Akio Sashima, Junpei Tsuji, HidenoriKawamura, Keiji Suzuki and Koichi Kurumatani: An Indoor Autonomous Positioning and Navigation System to Support Activities in Large-Scale Commercial Facilities, The 1st International Conference on Serviceology (ICServ2013), Tokyo (Japan), pp.136-143 (2013)

学生へのメッセージ

今まで蓄積した知識をフルに活用して,新しいアイディアをもって社会に貢献する研究を一緒に行いましょう.そしてその研究活動における様々な体験を通じて自分自身のレベルアップを図りましょう.