教員プロフィール

教授
伊藤 精英 ITO, Kiyohide
所属学科情報アーキテクチャ学科
専門分野認知科学、生態心理学、聴覚心理学
担当科目(学部) 知覚システム論、認知心理学、認知心理学演習、認知科学、現代デザイン論
(大学院) 認知システム特論Ⅱ
最終学歴筑波大学大学院心身障害学研究科博士課程
学位博士(教育学)
経歴1998年 筑波大学大学院心身障害学研究科博士課程修了。1991~1999年 筑波大学付属盲学校高等部専攻科理療科非常勤講師。1998~2000年 日本学術振興会特別研究員。
着任時期2000/04

研究内容

1. 聴知覚:環境音の特性と音の聴こえ方に関する研究しています。
2. 振動知覚:非可聴音が身体の心理的・生理的側面に及ぼす影響を研究しています。
3. 東洋的身体技法がロコモティブシンドローム予防に及ぼす効果を研究しています。
4. 直感的に使用できるエコロジカルインタフェースを開発しています。
http://www.fun.ac.jp/~itokiyo/

研究の魅力

私の研究は、現代日本社会が将来直面する問題を解決すると確信しています。

実績

[特許]
特許第4452785号 感覚代行装置. 2010
[受賞]
Emerging Technologies Demo Award Voted by Program Committee (SIGGRAPH Asia 2014), Touch at a Distance: Simple Perception Aid Device with User’s Explorer Action.
Best Paper Award (IARIA AMBIENT 2012), Development of Future Body-Finger: A Novel Travel aid for the Blind.
The Best Award (ASIA NETWORK BEYOND DESIGN 2008) , CyARM.

主な著作・論文

サウンドテクスチャー―日常音環境の知覚を可能にする情報単位―,知の生態学的転回第2巻(分担執筆),村田純一(編),2013,東京大学出版会

(対談)ノイズに意味が埋まっている―人の生活聴力,文学,11(6),2010,岩波書店

光と影の世界に生きるぼく,10代の本棚―こんな本に出会いたい(分担執筆),あさのあつこ(編著),2011,岩波ジュニア新書,岩波書店

Ito, K., & Takiyama, M. Auditory perception of shaking events. Proceedings of the 18th International Conference on Perception and Action (ICPA18), 2015.

櫻澤茂,能戸嵐士,伊藤精英.環境としての生理的振戦と触知覚の関係.電子情報通信学会 HCGシンポジウム 2014, 2014.

伊藤精英,木村健一.「唐揚げ調理」における揚がり具合の判断における料理音の役割.HCGシンポジウム 2010 論文集,CD-ROM I-7, 2010.

Stoffregen, T. A., Ito, K., Hove, P., Yank, J. R., & Bardy, B. G. The Postural responses to a moving environment of adults who are blind. Journal of Visual Impairment and Blindness, 73-83, 2010.

Stoffregen, T. A., Villard, S., Kim, C., Ito, K., & Bardy, B. G. Coupling of head and body movement with motion of the audible environment. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 1221-1231, 2009.

学生へのメッセージ

失敗を恐れるな!!
重要なことは、自分自身で見つけること、そしてその時になすべきことをすることです。