教員プロフィール

准教授
ルースベン・スチュアート・ピーター Peter Ruthven-Stuart
所属学科情報アーキテクチャ学科
専門分野言語学、コンピュータへの語学学習
担当科目コミュニケーション I 、II 、III 、IV
最終学歴バーミンガム大学院情言語学部 
学位Masters in Japanese Studies (Essex University),Masters in TEFL and TESL (Birmingham University)
着任時期2005/04

仕事の紹介

ホームページ(http://www.petesweb.org/)
教育管理システム:FUN Moodle(http://vle.c.fun.ac.jp/moodle/)

私は、CALL(Computer Assisted Language Learning)という分野の研究に取り組んできた。CALL、あ るいはコンピューターによる言語学習は言語学では新しい分野であるが、コンピューター は言語学習道具として潜在的な可能性が大きい。インターアクティブな性格も合わせ持つコンピューター教材の利点は、学生のニーズや能力によって教材が適応 できることである。一例として、教師がコンピューター上の教材を作成し、その教材と学生の間にインターアクティブなやり取りができるなど、コンピューター を操作する者の積極的反応によりそれはかなり効果的な学習道具とうるものである。

最近の著書

1. Ruthven-Stuart, P. (2004) On screen Class Notes. C@lling Japan,Vol. 12/1. pp. 22-29.
A practical explanation about how to use word processing software and digital projectors in the language classroom.

2. Ruthven-Stuart, P. (2004) Integrating ICTs into a University Language Curriculum. Can it be done successfully? Hokuriku University Bulletin
Vol. 27. pp. 159-176
An historical analysis of the use of computers in language teaching, followed by some suggestions about how Information Computer Technologies should be integrated into a language curriculum. Introduces the concept of 'Deep Integration'.