教員プロフィール

教授
角 薫 Kaoru Sumi
所属学科情報アーキテクチャ学科
専門分野メディア情報学,アフェクティブ(感情)・コンピューティング,インタラクティブ・デジタル・ストーリーテリング,シリアスゲーム,説得技術,人工知能
担当科目インタラクティブシステム,人工知能とメディア,現代デザイン論,情報表現入門
最終学歴東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻博士課程修了
学位博士(工学)
経歴ATR知能映像通信研究所,情報通信研究機構,大阪大学産業科学研究所を経て,2009年一橋大学情報基盤センター准教授.2011年より公立はこだて未来大学 情報アーキテクチャ学科 教授に着任し現在に至る.ACM Senior Member.情報処理学会,人工知能学会,日本認知科学会各会員.
着任時期2011/04

研究内容

■メディア情報学
情報メディアを提案しその効果を分析する研究をしています.例えば,言語情報と共に図などの静止画やアニメなどの動画を提示することによる理解支援システムの研究等を行ってきました.「アニメーションの効果」の研究に関連します.
また,ユーザが使えば使うほど3Dの動作情報を含めたアニメーションデータを増やすことができるアニメーションCGM(消費者生成メディア)の研究を行いました.
ゲームを利用した教育支援や医療支援やスポーツ支援などの研究もしています.これは「ゲームの効果」の研究に関連します.
■アフェクティブ・コンピューティング
コミュニケーションにおける表情やしぐさなどの非言語(ノンバーバル)的な情報の影響を評価する研究をしています.バーチャルエージェントなどを用い評価実験を行っています.「表情」「説得技術」の研究に興味を持っています.
■デジタルストーリーテリング,人工知能,認知心理学
テキスト情報からアニメーションへの自動変換システムの研究や,物語自動生成の研究をしています.システムを利用した物語知識の収集などの人工知能の研究や子どもの理解支援としての心理学実験などの研究も行っています.

研究の魅力

視覚情報を始めとした非言語的な情報が人間に及ぼす影響についての研究に興味を持っています.研究分野としてもまだわかっていない事が数多くあります.またシステム開発においては人間の活動を支援するシステムを開発する研究が多いのですが,自分のアイデアを実現することは興味深いと思います.

実績

主な著作・論文を参照ください.

主な著作・論文

【著書】
<アフェクティブ・コンピューティング>
・Kaoru Sumi: Spoken Dialogue Agent Applications using Emotional Expressions, Emotions and Technology: Communication of Feelings for, with, and Through Digital Media, Elsevier (2015) To appear.

・Kaoru Sumi and Mizue Nagata: Characteristics of Robots and Virtual Agents for Persuasion, Human-Robot Interactions: Principles, Technologies and Challenges, Nova Science Publishers (2015)

・Kaoru Sumi and Mizue Nagata: Evaluating a Virtual Agent as Persuasive Technology, Psychology of Persuasion, Janos Csapó and Andor Magyar eds., Nova Science Publishers (2010).

<ゲームと教育支援>
・Kaoru Sumi, Kudo Kento: A Serious Game Stimulating Children’s Interest in Chemical Binding, Computation: Theory and Practice of Computation: Proceedings of Workshop on Computation: Theory and Practice WCTP2013, World Scientific (2014) .

・Kaoru Sumi, Kazuhara Ayaka: Learning English Words via Animations and Making Sentences using an Etymological Memorization Method, Computation: Theory and Practice of Computation: Proceedings of Workshop on Computation: Theory and Practice WCTP2013, World Scientific (2014).

<デジタルストーリーテリング>
・Kaoru Sumi and Mizue Nagata: Animation for Supporting Parent-and-Child Communication, Handbook: “New Horizons in Creative Open Software, Multimedia, Human Factors and Software Engineering” :Blue Herons Editions(2012).

【学術論文】
<アフェクティブ・コンピューティング>
・Kaoru Sumi, Mizue Nagata: Characteristics of Robots and Virtual Agents as a Persuasive Talker, Universal Access in Human-Computer Interaction. User and Context Diversity, Lecture Notes in Computer Science, Volume 8010, pp. 414-423 , Springer (2013.7).

・Kaoru Sumi, Mizue Nagata: Persuasive Narrative via Digital Storytelling, Human Interface and the Management of Information. Information and Interaction Design, , Lecture Notes in Computer Science, Volume 8016, pp. 276-283 , Springer (2013.7).

・Kaoru Sumi and Mizue Nagata: Interpersonal Impressions of Agent for Developing Intelligent Systems, published in Helmut Prendinger, James Lester and Mitsuru Ishizuka ed., Intelligent Virtual Agents, LNAI 5208, Springer Lecture Note in Artificial Intelligence, pp.496-497, Springer (2008.9).

<デジタルストーリーテリングと認知心理学>
・Kaoru Sumi, Mizue Nagata: Interactive e-Hon as Parent-Child Communication Tool. Human Interface and the Management of Information. Interacting with Information,, volume 6772 of Lecture Notes in Computer Science, page 199-206. Springer (2011.7).

<デジタルストーリーテリングと人工知能>
・Kaoru Sumi: Learning Story Marketing through Practical Experience of Story Creation System, published in Ruth Aylett, Mei Yii Lim, Sandy Louchart and Paolo Petta ed., Interactive Storytelling, Springer Lecture Note in Computer Science, LNCS 6432, pp.98-pp.110, Springer (2010.11).

・Kaoru Sumi: Interactive Storytelling System using Recycle-based Story Knowledge, published in Ido A. Iurgel, Nelson Zagalo, and Paolo Petta ed., Interactive Storytelling, LNKS 5915, Springer Lecture Note in Computer Science, Springer pp.74-85 (2009.12).

・Kaoru Sumi: Animation-based Interactive Storytelling System, published in Ulrike Spierling and Nicolas Szilas ed., Interactive Storytelling, LNCS 5334, Springer Lecture Note in Computer Science, pp.48-50, Springer (2008.11) .

・Kaoru Sumi: Anime Blog for collecting Animation Data, published in Mark Cavazaza and Stephane Donikian ed., Virtual Storytelling, LNKS 4871, Springer Lecture Note in Computer Science, pp.139-149,Springer (2007.12).

・Kaoru Sumi and Katsumi Tanaka: Automatic Conversion from E-content into Virtual Storytelling, published in Gerard Subsol ed., Virtual Storytelling, LNCS 3805, Springer Lecture Note in Computer Science, pp.262-271, Springer (2005.11)

<コミュニケーション支援と人工知能>
・Kaoru Sumi, Riichiro Mizoguchi, Talkabout: E-negotiations via Concept Tree Generation, Special Issue on E-negotiations, Journal of Decision Systems, 2004/4, pp.477-499, Lavoisier(2005.6)

・Kaoru Sumi and Toyoaki Nishida: Telme: A Personalized, Context-Aware Communication Support System, IEEE Intelligent Systems, Vol.16-3, May/June 2001, pp.21-28 (2001.8).

・Kaoru Sumi: Intelligent Tool for Facilitating Creative Communication, published in Toyoaki Nishida ed., Dynamic Knowledge Interaction, pp.105-130, CRC Press (2000.3).

・Kaoru Sumi, Yasuyuki Sumi, Kenji Mase, Shin-ichi Nakasuka, and Koichi Hori: Information Presentation by Inferring User's Interests Based on Individual Conceptual Spaces, Systems and Computers in Japan,Vol.31-10, pp.41-55 (2000.9).

【招待講演】
<アフェクティブ・コンピューティング>
・Kaoru Sumi: Communication with a Virtual Agent via Facial Expressions, IJCAI Workshop on Empathic Computing, 4th International Workshop on Empathetic Computing (IWEC’13), 2013.8. Beijing, China.(招待講演)

・Kaoru Sumi: Human Interface of Robots or Agents via Facial and Word Expression, International Symposium on Artificial Life and Robotics(AROB), 2012.1. 大分県・ビーコンプラザ(招待講演)

<デジタルストーリーテリング>
・角 薫:デジタルストーリーテリングと情報表現,情報編纂研究会, 人工知能学会,2011.2(招待講演)

学生へのメッセージ

情報学は新しい分野であり大学の研究室も企業でも新しくユニークな研究成果を求めています.そして,情報学は誰にでもアイデア次第でチャンスがある分野です.多くの学生にとって,大学院は自分で自由な研究ができる最後のチャンスかと思います.研究室で自由な発想で最新の成果を出し自分の価値を高めてから社会に出ましょう.