PageTop
きまぐれ人工知能プロジェクト作家ですのよ
成果メンバー報道リンクインサイド
プロジェクト概要
星新一のショートショート全編を分析し、エッセイなどに書かれたアイデア発想法を参考にして、人工知能におもしろいショートショートを創作させることを目指すプロジェクトです。
公立はこだて未来大学の松原仁教授を中心にしたプロジェクトチームで、2012年9月にスタート。2017年頃の「新作発表」が目標です。
News Newsの一覧へ
2016.03.21
成果作品を公開しました。
2016.03.06
発表会のお知らせです。
2015.09.24
第3回星新一賞に応募しました
エム教授の物語製造機

2012.09.06

父が亡くなって15年。星作品をベースにした人工知能の研究がはじまることになりました。父の頭脳を保存し活性化する試みとも言え、まさにSFの世界です。
天国の父は、作家としては少し複雑な気持ちで、科学者としては名誉な想いで、そしてSFファンとしては好奇心でわくわくしながら、今回のプロジェクトを見守っているのではないでしょうか。

人工知能によって、父の作品と同程度の、またはそれ以上の作品ができる日が来たら、そのとき、うれしいのか、悲しいのか、こわいのか、想像がつきません。
最後にできたものを読んでみたら「あなたたち、人間でしょ。小説くらい自分で考えたらどうなのよ」と書いてあるというオチだったりして……。

はじめて松原教授にお会いしたときに「なんだか、星作品にでてくる博士みたいな人だなー」と思いました。星作品のキャラクターのような博士たちが、いかにも星作品にでてきそうな発明品をつくるというこのプロジェクトを、たのしみながら応援させていただきます。

Contact

このプロジェクトに関するお問い合わせは、以下にお願いします。

公立はこだて未来大学 社会連携センター
電話 0138-34-6549
メールアドレス col@fun.ac.jp
*迷惑メール防止のため@が全角になっています。
送信前に半角の@に変更していただくようお願いします。

星新一公式サイト
星新一公式サイト