Takegawa.Lab

竹川佳成のウェブサイトへようこそ

projection

概要

ITを利用して人の身体能力を拡張する研究を推進しています.特に,数学などの座学の学習効率を高めるのではなく,ピアノ・書道・英会話・歌・スノーボードといった運動を伴う学習を対象にしています.ざっくり分類して「人の学習を支援する」「人の行動を支援する」「人の学習(どうやって学習をしているのか)・認知(どう理解しているのか)・心理(どう感じているのか)を調べる」「人の動作を認識する」といった研究があります.

Information

2014年11月26日〜28日に開催されたWISS2014にて臨書支援に関する発表をしました.
登壇発表
竹川佳成, 野波淳里, ``鍵盤上への演奏補助情報投影機能をもつピアノ学習支援システムにおける熟達化プロセスに関する調査,'' インタラクティブシステムとソフトウェアXXII: 日本ソフトウェア科学会 WISS2014 (2014年12月).


2014年10月7日〜10日に開催された国際会議GCCE2014にて下記の発表が受賞しました.
IEEE GCCE 2014 Outstanding Student Paper Award
Nonami, J., Takegawa, Y., ``Construction of a Support System for Learning Character Balance in Transcription for Beginners,'' Proceeding of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE2014), pp. 26--30 (Oct. 2014).


2014年10月6に開催された情報処理学会北海道シンポジウム2014にて下記の発表が受賞しました.
学術研究賞
小田川玲奈, 竹川佳成, 平田圭二,``臨書初級者のための文字バランス学習支援システムの評価,'' 情報処理北海道シンポジウム2014, B-01 (2014年10月).

研究奨励賞
上田健太郎, 竹川佳成, 平田圭二, ``ピアノ演奏熟達の効率化を目指した練習の可視化手法,'' 情報処理北海道シンポジウム2014, B-04 (2014年10月).

優秀ポスター賞
池田絵里, 竹川佳成, 平田圭二, ``管楽器初心者を対象とした音高正誤判定能力向上のための学習支援システム,'' 情報処理北海道シンポジウム2014, B-14 (2014年10月).


音楽情報科学研究会およびエンタテインメントコンピューティング研究会にて発表した下記の2件の研究において情報処理学会 山下記念研究賞を受賞しました.同年度に2つの異なる研究会から山下記念研究賞を受賞することは初めての事例とのこと.

2013年度情報処理学会山下記念研究賞(音楽情報科学研究会)
竹川佳成, 寺田 努, 塚本昌彦, ``ピアノ演奏補助情報からの独立を促す学習支援システムの構築,'' 情報処理学会研究報告, Vol.2012-MUS-96, No. 15, pp. 1--6 (2012年8月).

2013年度情報処理学会山下記念研究賞(エンタテイメントコンピューティング研究会)
竹川佳成, 椿本弥生, 田柳恵美子, 平田圭二, ``鍵盤上への演奏補助情報投影機能をもつピアノ学習支援システムにおける熟達化プロセスの調査,'' 情報処理学会研究報告, Vol.2013-EC-27, No. 7, pp. 1--8 (2013年3月).

連絡先

Signature

公立はこだて未来大学