メタ学習センター

CML_logo大学とは学習共同体であり、かかわるすべての人がつねに学び続ける場です。「オープンスペース、オープンマインド」を掲げ、学びを個人の達成だけではなく、共同性や社会性の中に位置づける本学では、教員や職員たちもまた、学生と共に日々学ぶべき存在です。本学ではこうした広い意味での学びの中心に、未知の問題や解のない問題に出会ったときに、みずからその解決方法を編み出すことのできる力を身につけること、すなわち「学び方を学ぶ」ことを重視しています。21世紀型スキルの基盤ともいわれる、この「学び方を学ぶ」力を身につける/教えるためには、どのような方法が効果的であり、どんな教材を活用すべきなのか。先進的な教育方法、学習方法や、カリキュラム、プログラムを実践的に開発する組織として設置されたのが、メタ学習センター(CML: Center for Meta Learning)です。メタ学習センターは、現場志向、ユーザ(教員・職員・学生)参加型の活動をモットーとしています。日々の教育や学習の現場において、すべての教職員、学生を巻き込みながら、あるいはまた連携する外部の人びとも巻き込みながら、共に学び続ける中で、共に効果的な方法を見出していくための活動を主導しコーディネートしています.

metacenter-690x274

主な活動分野

  • リベラルアーツ教育のカリキュラム開発および実施の企画
  • 新入生の導入教育の企画
  • ファカルティ・ディベロップメント(教育・研究・運営に関する人材育成および組織改革)の企画
  • 教育研究、学習研究に関わること
  • 大学の教育活動を中心とした建学理念の教員や職員との共有化に関わること
  • その他、未来大学における教育、学習活動に関わること