News
2020-04-20

入学生代表宣誓(令和2420日)

本格的な春の訪れを感じる季節となりました。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、通常どおりの入学式、新学期の開始とはならなかったことを大変残念に思います。このような状況ではありますが、新入生を代表してごあいさつさせていただきます。

本日、私達新入生は、新たに始まる大学生活への期待と不安を胸に、公立はこだて未来大学に入学いたします。これからの4年間は本学の学生であるという責任と自覚を持って行動し、毎日を大切に過ごしたいと思っております。そして、本学でこそ学べることはたくさんあるはずです。将来、それらを最大限に活かし、社会に貢献することができるような人材になりたいです。

また、教職員の皆様、先輩方にはたくさんご迷惑をおかけすることになるかもしれませんが、温かいご支援ご指導をよろしくお願いいたします。

令和2年4月20日 学部入学生代表 中原遥香

 

今年は新型コロナウイルスの影響により、例年どおりの入学式が挙行できず、大変残念なことではありますが、大学院新入生を代表して、ご挨拶申し上げます。

この4年間、本当に充実した大学生活を送ることができました。講義やプロジェクト学習、卒業研究などを通じ、多くの知識と技術を学べました。

また、それらの活動において、たくさんの方々と交流し心身共に大きく成長できました。この4年間で培った経験は、これからの人生において大きな支えになるでしょう。私たちはこれから大学院に入学します。大学院では、これまでの4年間で知識や技術を応用し、優れた研究成果を挙げることが今まで以上に求められます。

そのために、自ら問題を発見し、解決方法を模索する自発的な活動が求められます。その過程では、壁にぶつかり、行き詰まることもあるでしょう。

私たちは、その困難に屈せず、日々研鑽に励み、社会に貢献できる人間へと成長することを、ここに誓います。

最後になりますが、教員並びに職員の皆様、これからのご指導、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。また、私たちの大学院への進学にご支援してくださるご父母の皆様に感謝の意を表明し、大学院新入生代表の挨拶とさせていただきます。

令和2年4月20日 大学院入学生代表 比佐翔太