News
2021-09-27

日本学生支援機構給付奨学生在籍報告の提出手続き等について(202110月報告)

 日本学生支援機構給付奨学生は、定期的に在籍報告(在籍及び通学形態の変更の有無等)を日本学生支援機構へ提出する必要があります。

  • 休学および停止中の方も対象です
  • 対象者にはメールにて実施依頼を連絡していますので、メールを受け取っていない方は、本件の対処は不要です。
    件名:(実施必須)2021年度後期 授業料減免申請および在籍報告について

 期日までに在籍報告の提出がない場合は、日本学生支援機構にて締切翌月からの給付奨学金の振込を止めるとのことなので、必ず期日までに実施してください。

提出手続き

以下の『「在籍報告(兼通学形態変更届)」の提出(入力)手続き』を確認のうえ、日本学生支援機構スカラネット・パーソナルを通じて提出してください。

「在籍報告(兼通学形態変更届)」の提出(入力)手続き

スカラネット・パーソナル登録・ログインURL

※初めてスカラネットパーソナルを利用する場合、ご自身で「新規登録」を行う必要があります。
問合せを頂いても大学ではID,パスワードはわかりません。
スカラネット・パーソナルのご案内

提出期限: 2021年10月4日~10月15日

入力時間: 8:00~25:00

<該当者のみ>
採用後、自宅通学から自宅外通学へ変更した場合、自宅外通学の証明書の提出が必要です。
アパートの契約書類等の画像データが必要となりますので事前にご準備ください。
提出方法については別途周知します。
参考(日本学生支援機構 自宅外通学の取扱いについて

(本件お問合せ先)お問合せは、学生本人によるメールにてお願いします
教務課 学生・留学担当
stu@fun.ac.jp