研究活動上の不正防止

公立はこだて未来大学における研究費の不正使用および研究活動上の不正行為の防止等に関する規程等

本学では、研究費の不正使用および研究活動上の不正行為を未然に防止するため、次のような取り組みを行っています。

公立はこだて未来大学におけるコンプライアンス教育および研究倫理教育コンテンツ

本学では、コンプライアンス教育および研究倫理教育の教材として、JSPSの研究倫理eラーニングプログラムを指定し、教職員に受講を義務づけています。

公立はこだて未来大学における研究費の不正使用および研究活動上の不正行為に関する通報窓口

研究費の不正使用および研究活動上の不正行為に関する通報の窓口を以下の通り設置しています。

不正行為通報窓口

公立はこだて未来大学倫理委員会(財務・研究支援課)
〒041-8655
北海道函館市亀田中野町116番地2
TEL: 0138-34-6451
FAX: 0138-34-6470
Email: hotline2015 (at) fun.ac.jp ※ (at) を@に変更してください

通報方法

通報は、書面(ファックスおよび電子メールによるものを含む。)を通報窓口に提出もしくは送付することによるもののほか、電話もしくは面談でも受け付けています。

通報受付書(研究費の不正使用)

通報受付書(研究活動上の不正行為)

不正の対象

研究活動上の「ねつ造」、「改ざん」、「盗用」および「研究費の不適切な使用」

受付時間

8:45~17:15(土曜日、日曜日、年末年始等の祝日を除く)

  1. 通報された情報は、必要な調査を実施するためだけに使用し、それ以外の目的に使用したり、公開したりすることはありません。また、通報者は通報をした理由をもって、不利益な扱いを受けることはありません。
  2. 通報された情報について、詳細な情報や調査への協力を求める場合があります。
  3. 調査の結果、通報の対象者を陥れたり、研究の妨害をしたり、何らかの損害を与えたりする目的で通報を行ったことが判明した場合は、通報者に対して懲戒処分などの措置を講じることがあります。