高度ICTコース

高度ICT(Information and Communication Technology、高度な情報通信技術)コースは、情報システムコースの3年次において2年間の大学院(博士前期課程)進学を前提に選ぶ、大学生活を6年一貫でとらえたコースです。

ICTの基礎知識やプログラミング能力に加え、さらにレベルの高い思考・表現能力、システム構築能力、プロジェクト指揮能力を磨き、産業界で求められている実践的なスキルを身につけます。第一線の企業から技術者派遣の支援も受けて、高度なソフトウェアシステムのデザイン・設計・精密な実装技能を持つ人材を育成します。

コースの特徴

  • 大学院への進学を前提とした、学部・大学院一貫の6年のコースで、3年次に選択します。
  • ICTの基礎知識やプログラミング能力に加え、更に思考・表現能力、システム構築能力、プロジェクト指揮能力を身につけます。
  • 企業から技術者派遣の支援を受けて、世界を支える開発技術のノウハウを学びます。

高度ICTコース概要図

大学院修士までに選択できるコース解説図

卒業生インタビュー

コース長のメッセージ

みなさんへ

長崎 健教授

ICTは今や日々の生活や産業活動を支える社会インフラです。一方、我が国は少子高齢化、日々変化するグローバル・ビジネスへの対応など社会的な課題が山積しています。これらの社会的課題の解決や課題を解決するためには、ICTを活用して企業、自治体、国などの組織を超えた取り組みができる高度ICT人材が不可欠です。この高度ICT人材育成に対して、従来からの個別の技術教育とは別に、複合的な技術の使用や実践的な技術の習得、チームによる作業の学習のためのPBL(Project Based Learning)という形式での取り組みが進んでいます。

公立はこだて未来大学では、他の大学に先んじて2002年から「システム情報科学実習(プロジェクト学習)」のなかで、産学連携による実践的教育に取り組み、2007年より企業の寄附金に基づく寄附講座を開始し、実践的ICT人材の育成を推進しています。寄附講座では、企業からの講師派遣によるシステム開発に関わる講義とPBLによるシステム開発を単位のない課外活動として実施しました。この寄附講座の活動は2010年度に時限を迎えましたが、実践的高度ICT人材の育成を目標に新設された学部・大学院6年間一貫教育の「高度ICTコース」へ発展的に移行しました。

2010年度にスタートした高度ICTコースでは、これまでの実践的な教育経験を礎にサポート企業の他産業界、官公庁、近隣自治体等の外部組織と連携した教育体制、システム開発演習を通して、実践的な高度ICT人材育成に取り組んでいきます。

カリキュラム

カリキュラムについて

  • 各学年で座学とPBLの両方に取り組みます。
  • 各科目では、大学教員と産業界の専門家による教育を導入します。
  • 学内・学外の発表会やワークショップ、サポート企業との合宿や交流会を取り入れたユニークなカリキュラムを構成します。

スペシャリスト修了要件

大学院修了時に以下の要件を満たした場合、高度ICTコース修了書を授与する。

  • 大学院高度ICT領域修了単位の取得
  • TOEIC500点以上の取得
  • 情報処理技術者試験(応用情報技術者以上)合格
  • 高度ICT演習への4年以上の参加

学部1年から修士2年までのカリキュラム概要図

学部科目

  • オペレーションズリサーチ
  • ソフトウェア設計論I
  • オペレーティングシステム
  • システムプログラミング
  • プロジェクトマネージメント
  • IT・ビジネススキル
  • ソフトウェアプロセスと品質
  • データベース工学
  • ハードウェア設計
  • 技術者倫理
  • モデル化と要求開発
  • ヒューマンインターフェース
  • ITアーキテクチャ概論
  • 高度ICT演習(PBL)
  • 認知心理学
  • ソフトウェア設計論II
  • 情報ネットワーク

大学院科目

  • ICTデザイン通論
  • オープン技術特論
  • ITアーキテクチャ特論
  • 組込システム特論
  • サービスマネジメント特論
  • 高度ICT演習(PBL)

サポート企業の紹介

サポートいただいている企業(敬称略)

  • 株式会社ジャパンテクニカルソフトウェア
  • 株式会社ハイマックス
  • 株式会社エスイーシー
  • 常磐システムエンジニアリング株式会社
  • クオリサイトテクノロジーズ株式会社
  • 株式会社日立インフォメーションエンジニアリング
  • 株式会社サムシングプレシャス
  • 株式会社日立社会情報サービス
  • アシアル株式会社
  • 株式会社ABEJA
  • Sansan株式会社
  • 日鉄ソリューションズ株式会社
  • 株式会社ジースタイラス
  • 株式会社東洋信号通信社
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 日鉄日立システムエンジニアリング株式会社
  • 日本アイビーエム・ソリューション・サービス株式会社
  • 日本ビジネスシステムズ株式会社
  • フェンリル株式会社

高度ICT演習について

高度ICT演習では

実社会の課題やニーズを理解し、適切な情報システムによって問題解決につなげるための、提案から実装までの演習を行います。
学部生・大学院生を交えたコース横断プロジェクトチームでの相互スキルアップを図ります。

高度ICT演習のイメージ

 

2019年度テーマ紹介

Fintech

近年、”Finance”と”Technology”を掛け合わせた”Fintech”が注目されている。特にブロックチェーン技術を応用した仮想通貨は、社会の基本構造を大きく変える潜在能力を持っている。一方で私たち学生には、学生生活において金銭による取引が適していない場面が多く存在する。例として、”友人に課題や講義について教えてもらった際のお礼”が挙げられる。本プロジェクトでは例に挙げたような場面で”金銭ではない通貨による取引”を実現させるため、仮想通貨FUNneyのシステムおよびサービスの企画、提案、設計、開発を行う。

未来大内仮想通貨システムの実現についての説明

おさかな日和

自炊は経済面や健康面といった様々な利点がありますが,その反面料理を作るのが面倒になって挫折してしまう人も多いです。そこで私達は自炊を楽しく続けられるように,「毎日料理がしたくなる」をコンセプトにしたアプリ「おさかな日和」を開発しています。「おさかな日和」では「おすすめレシピ365」のレシピと「北海道お魚図鑑」や「日本食品標準成分表」といったデータを組み合わせることで毎日の食生活を可視化したり,様々な実績を達成していくことで毎日のモチベーションを保てるような機能を実装する予定です。

おさかな日和の説明

はこだてMAP+

函館市には豊富な観光地があり、一日に約144万人の観光客が訪れています。また、学会や、会議など観光以外の目的を持って函館に訪れる人も一定数います。そのような人は事前に観光計画を立てて訪れてはおらず、隙間時間を無駄にすることがあります。”はこだてMap+”は、そのような人の隙間時間に函館観光をできるよう支援するアプリケーションです。”はこだてMap+”は函館市の観光情報をLODを用いて集約し、マップアプリとして提供しています。今年度はよりユーザが利用しやすくなるよう主にデザイン面の開発を行います。

はこだてMap+の説明

はこだてSweets

本プロジェクトは、歴史ある函館スイーツの消費拡大を目的として活動しています。そのために、函館スイーツの魅力を伝えるためのモバイルアプリの開発とそのアプリのコンテンツを充実させるためのWebアプリの開発を行なっています。その開発に伴い、函館市経済部や函館スイーツ推進協議会等の外部の方々と密にコミュニケーションをとりながら開発を進めています。今年度は、下級生の育成にも力を入れ、アプリのリリースを目指しています。

函館スイーツの説明

FUN Cloud Platform

本学では様々な講義や活動が行われているが、それに必要なソフトウェアなどは各学生が自分のPC上にセットアップを行っているケースが多い。そのため、PC毎に少しずつ異なる環境が構築され、実行時に予期せぬトラブルを招くことがあり、演習課題にも不都合が生じる。このチームでは、そのような問題を解決するべく、学内の演習・自習など
のニーズに向けたプライベートクラウド基盤を構築・運用し、講義や学生に対して提供向けた調査・検証を進める。

FUN Cloud Platformの説明

年間スケジュール

4月 高度ICT成果発表展
開講ガイダンス
初回オリエンテーション
7月 夏期集中レビュー会
8月 オープンキャンパス
前期成果発表会
11月 アカデミックリンク
1月 後期成果発表会
2月 課外成果発表会in秋葉原
3月 PBL Summit

公立はこだて未来大学高度ICTコース 公式FaceBook