Activity

知能情報科学領域修士2年の好本大地君がIEEE LifeTech 2020国際会議で学生優秀論文賞を受賞

2020年3月10-12日に京都(一部オンライン)で開催された国際会議IEEE LifeTech 2020 (IEEE 2nd Global
Conference on Life Sciences and Technologies)にて、第一著者の好本大地君(知能情報科学領域博士前期課程2年)および連名者の古館裕大君(博士後期課程3年)(指導教員:三上貞芳教授)が、片麻痺患者のリハビリテーションにおける回復度の自動評価に関する下記の論文で「2nd Prize IEEE LifeTech 2020 Excellent Student Paper Award」を受賞しました。

Daichi Yoshimoto and Yuta Furudate (Future University Hakodate, Japan); Kaori Chiba and Yuji Ishida (H.M.A. Nursing and Rehabilitation Academy, Japan); Sadayoshi Mikami (Future University Hakodate, Japan): “Evaluation of Forearm Musclar Function of Hemiplegic Patients Using Displacement MMG”

これは93件の口頭発表(口頭発表の採択率42%)の論文中から、学生を第一著者とする特に優れた論文3件に贈られる賞です。

受賞対象となった研究は、函館市医師会・函館高専・未来大の医工連携に関する包括連携協定の研究の一環で、好本君と古館君が進める、新しいリハビリテーション支援技術についての先駆的な研究の成果が評価されました。