News
2021-01-08

日本学生支援機構奨学金 継続願および適格認定について

奨学生の皆さま

日本学生支援機構奨学生で2021年4月以降も引き続き奨学金の貸与・給付を希望する者は、必ずスカラネット・パーソナル(インターネット)で「奨学金継続願」を提出しなければなりません。

所定期間内に提出(入力)がない場合、来年度奨学金の振込は止まります。必ず期限内に継続手続を完了してください。

また、継続手続と併せて大学は学修状況を主とする適格認定を改めて行います。適格認定の結果によっては、奨学金の停止または廃止となる場合があります。また状況によっては受給済みの給付奨学金の返還が必要となることがあります。
なお、給付奨学金において、万一虚偽の申告が判明した場合は、支給した額を最大4割増で返金いただく場合があります。

対象学生

2020年10月現在、奨学金を受給中の者

(注)給付奨学金(新制度)の停止について、直近の適格認定(家計)において支援区分の見直しの結果「支援対象外」となった者や他の国費を受給中で給付月額が0円となっている者、本人の都合により停止している者も、「奨学金継続願」の提出が必要ですのでご注意ください。

制度・手続き等

上記説明資料は日本学生支援機構「奨学金継続手続」および「適格認定」の、本学において特に重要な項目と手続きの流れについてまとめております。必ずご確認ください。

詳細については下記、日本学生支援機構提供の資料をご確認ください。

<学部>
【貸与奨学金】「奨学金継続願」の提出(入力)手続きについて(学部)
【給付奨学金(新制度)】「給付奨学金継続願」の提出(入力)手続きについて
【給付奨学金(旧制度)】「給付奨学金継続願」の提出(入力)手続きについて
※給付奨学金(新制度)とは、2020年4月以降に採用となった(給付が行われた)給付奨学金です。
給付奨学金(旧制度)とは、2019年度以前に採用した給付奨学金です。新制度に採用された方は旧制度の継続手続対象ではありません。

<大学院>
【貸与奨学金】「奨学金継続願」の提出(入力)手続きについて(大学院)

<参考>
スカラネット継続願提出手順
給付型奨学生(旧制度)のみ_提出資料について

(本件お問合せ先)
教務課 学生・留学担当
stu@fun.ac.jp
※お問合せは学生本人によるメールにてお願いします