教員紹介

宮本エジソン

教授
MIYAMOTO, Edson T.

学生へのメッセージ

[...] find a home in this City on a hill, find success in this unlikeliest of places. (Barack Obama)

研究内容

人間の反応時間、表現の出現頻度等を実験によって数値化し、人間の認知モデルを構築するのが私の専門です。

研究の魅力

天気予報を行う際には過去の天気を理解して、今後を予測します。言語の研究も同様に、今までの現象を理解するだけでなく、そこから新しいことを予測するのを目指していきたい。

主な著作・論文

  • 宮本エジソン,吉田絢奈(印刷中)第2言語における普遍的な文理解メカニズム. 白畑知彦・須田孝司、第二言語習得研究モノグラフシリーズ、第2巻.
  • Miyamoto, E. T. (2016). Working memory fails to explain subject-extraction advantages (and object-extraction advantages) in relative clauses in Japanese.  Proceedings of the Japanese Society for Language Sciences 18th Annual International Conference (JSLS2016), June 4-5 ()p. 25-28). University of Tokyo, Komaba.
  • Asahara, M., Ono, H., & Miyamoto, E. T.. (2016). Reading time annotation for the ‘Balanced Corpus of Contemporary Written Japanese’. Proceedings of COLING 2016, the 26th International Conference on Computational Linguistics (pp. 684-694).