教員紹介

吉田 博則

准教授
YOSHIDA, Hironori

学生へのメッセージ

壊れた家具や木の枝など一見役に立たないゴミのような物を計算機とデザインの力で生まれ変わらせる研究をしています。一緒にアップサイクルしましょう!

研究内容

現代の生活空間は大量生産された要素で構成された結果直線的な構成になりがちですが、同時に最新技術によって可能となった多様な部材や建築の形態はさまざまなところで応用されています。特に廃材等のいままで利用されてこなかった材料を見出し、計算機によって建築等に転用(アップサイクル)する研究を進めています。今後最新技術が建築デザインやインテリア・家具といった空間の在り方をどのように変容させていくか共に提案していきましょう!

研究の魅力

今まで難しかった部材を活用するために、デジタルスキャンの結果と工作機械をセンサーやアクチュエータで連動させたり、また産業用マニピュレータを活用したり等、デザインの発想を中心に横断的な知識やスキルを駆使して研究を進めていきます。特にスキャンした3次元+αのデータの分離や理解は近年発展目覚ましく、これらの成果を応用しています。また研究の成果物は実際にプロトタイプやパビリオンといった形になることを目指しているため直感的でわかりやすいため、分野外の方への説明もしやすい方だと思います。

実績

  1. “Swirled Branches” (作品) , 日本科学技術未来館 永久展示, Hironori Yoshida, Maria Larsson, Takeo Igarashi, 2019
  2. “BranchConnect” (作品), South by Sounth West 展示, Hironori Yoshida and Maria Larsson, 2019
  3. “STIK (Smart Tool Integrated Konstruction)” (著書), Arquitectura Viva SL(査読あり),Obuchi Yusuke, Sugita So, Kiuchi Toshikatsu, Yoshida, Hironori, 2015 マテリアライジング・デコーディング 情報と物質とそのあいだ, millegraph, 2014
  4. “Digitized Grain” (作品), マテリアライジング展, Hironori Yoshida, 2013
  5. “ScanToProduction” (作品), Salone del Mobile 出展, Hironori Yoshida, Giaccomo Cantoni, Pietro Pagriaro, 2013
  6. “Bridging Synthetic and Organic Materiality: Gradient Transitions in Material Connections” (著書), Biologically-Inspired Computing for the Arts: Scientific Data through Graphics (査読あり), Hironori Yoshida, 2012

主な著作・論文

  • “Visual Task Progress Estimation with Appearance Invariant Embeddings for Robot Control and Planning”, IEEE IROS (査読あり), Guilherme Maeda, Joni Väätäinen, and Hironori Yoshida, 2020
  • Tsugite: Interactive Design and Fabrication of Wood Joints”, ACM UIST (査読あり), Maria Larsson, Hironori Yoshida, Nobuyuki Umetani, and Takeo Igarashi, 2020
  • “Human-in-the-loop Fabrication of 3D Structures with Natural Tree Branches”, ACM SCF (査読あり), Maria Larsson, Hironori Yoshida, and Takeo Igarashi, 2020
  • “Upcycling Tree Branches as Architectural Elements through Collaborative Design and Fabrication”, ACM TEI (査読あり), Hironori Yoshida, Maria Larsson, and Takeo Igarashi, 2019
  • “Extending Discrete Verbal Commands with Continuous Speech for Flexible Robot Control”, ACM CHI (査読あり), Naoya Yoshimura, Hironori Yoshida, Fabrice Maturic, and Takeo Igarashi, 2019
  • “Improvised Robotic Design with Found Objects”, NeurIPS (査読あり), Azumi Maekawa, Ayaka Kume, Hironori Yoshida, Jun Hatori, Jason Naradowsky, and Shunta Saito, 2018
  • “Autonomous robotic stone stacking with online next best object target pose planning”, IEEE ICRA (査読あり), *Fadri Furrer, *Martin Wermelinger, *Hironori Yoshida (*equally contributed authors), Fabio Gramazio, Mathias Kohler, Roland Siegwart, and Marco Hutter, 2017
  • “Rethinking Prototyping: Scan to Production”, eCAADe (査読あり), Hironori Yoshida and Jessica In, 2013
  • “Bridging Synthetic and Organic Materiality: Graded Transitions in Material Connections”, ACM SIGGRAPH Studio Talk (査読あり), Hironori Yoshida, 2011