News
2022-05-19

数理データサイエンス・AI教育プログラムについて

Society 5.0 時代に向け、文系理系を問わず大学の教育目標として「統計学やデータの分析能力を身につけた人材の育成」が国の政策として推進されています。これは大学における研究開発のみならず産業界でのニーズを反映したものでもあります。このような背景のもと、本学では2020年よりデータサイエンスを体系立てて習得するための「データサイエンスオープンプログラム(DSOP)」の実施を開始しております。
このプログラムで示しているガイドラインに従って、データサイエンス関連科目を履修することで、データサイエンスの専門的な知識を習得し、実社会においてデータサイエンティストとして活躍するための素養を身につけられるようにすることがDSOPの目標とするところです。

今回、このプログラムの導入となっている「データサイエンス入門」と必修科目となっている「情報機器概論」の合計4単位を習得した学生を対象に、

公立はこだて未来大学 数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)

としてDSOPのリテラシーレベルを習得したことを認定する制度を開始します。