教員紹介

川嶋 稔夫

副学長, 副理事長, 教授
KAWASHIMA, Toshio

仕事の紹介

研究テーマ

現在は、(1) あたらしい読みを提供するための電子書籍リーダーの研究や、(2) 文化的サービスのための情報システムの研究開発(Museum IT)について興味を持って研究を進めています。(1) では視野障害があっても読みやすい電子書籍を開発するために,国立障害者リハビリセンター函館視力障害センターと連携を行っています.また,(2)では,地域の博物館,美術館などと連携し,考古資料,美術作品,博物館資料のデジタル化などを進めています.

最近の著書

「読みに関する研究」(視野障害の支援に関する研究を含む)

  • 小橋 元春, 川嶋 稔夫, 小林 潤平 , 視野狭窄シミュレーターを用いた読書時の読み特徴分析”, ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集, DA-2, 9-14, 2021
  • 小橋 元春, 川嶋 稔夫, 小林 潤平 , VRを用いた視野狭窄シミュレータの開発と読書中の眼球運動分析, vol. 120, no. 336, 電子情報通信学会技術報告HCS2020-57, pp. 27-32, 2021
  • 小橋 元春, 川嶋 稔夫, 小林 潤平 , VRを用いた視野障害シミュレーションと電子リーダー設計への応用, ヒューマンインタフェース学会サイバーコロキウムオンライン論文集, 2A4, 209-313, 2020
  • J. Kobayashi and T. Kawashima, Paragraph-based faded text facilitates reading comprehension, Proceedings of the 2019 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI 2019) 162:1-162:12 2019
  • K. Saito, T. Kawashima and Jumpei Kobayashi, e-Reader Supporting Restarting from Interrupted Reading, International Workshop on Frontiers of Computer Vision, P2-2, 6 pages, 2018
  • J. Kobayashi, E. Shinbori and T. Kawashima, Readability Improvement of Japanese Electronic Text with Phrased Segmentation Layouts, International Interdisciplinary Symposium on Reading Experience & Analysis of Documents, 2018
  • 小林潤平, 新堀英二, 川嶋 稔夫, 文字配置と背景着色の工夫がもたらす日本語電子リーダーの読み速度向上, 映像情報メディア学会誌, vol. 71, No.10, pp. 241-246, 2017
  • 小林潤平, 新堀英二, 川嶋 稔夫, 文節単位を考慮した文字配置の工夫がもたらす日本語電子リーダーの可読性向上, 人工知能学会論文誌, Vol. 32 ,No. 2, pp. 1-24, 2017
  • 小林潤平, 関口隆, 新堀英二, 川嶋 稔夫, 文節単位の階段状ベースラインを有する日本語リーダーの可読性, 電子情報通信学会論文誌D, vol. J99-D, no. 1, pp. 13-22, 2016
  • 小林潤平, 関口隆, 新堀英二, 川嶋 稔夫, 日本語リーダーにおける読み速度と眼球運動の行長依存性に基づく最適行長の検討, 電子情報通信学会論文誌D, vol. J99-D, no. 1, pp. 23-34, 2016
  • J. Kobayashi, E. Shinbori, and T. Kawashima, Development of Japanese electronic text readers based on perceptual mechanisms of reading, Proc. of the 23rd International Display Workshops in conjunction with Asia Display 2016
  • J. Kobayashi, T. Sekiguchi, E. Shinbori, and T. Kawashima, Stepped-line text layout with phrased segmentation for readability improvement of Japanese electronic text, Proc. of the 11th IEEE International Workshop on Multimedia Information Processing and Retrieval, 2015
  • 小林潤平, 関口隆, 新堀英二, \川嶋 稔夫, 文節間改行レイアウトを有する日本語リーダーの読み効率評価, 人工知能学会論文誌, vol. 30, no. 2, pp. 479-484, 2015

ミュージアムITに関する研究

  • 藤原 瞳, 川嶋 稔夫, 書作品のための参加型鑑賞支援システム, 電子情報通信学会技術報告,ET2018-110, 4ページ, 2019
  • 山田 雅之、 目加田慶人、 長谷川純一、 鈴木 哲造、東山 京子、 檜山 幸夫、 寺沢 憲吾、 川嶋 稔夫,ディジタル・ヒューマニティーズプロジェクト ―近代公文書自動解読のための基盤的研究―,社会科学研究,38-2, 56-78, 2018
  • 村田拓真, 川嶋稔夫, 多様な資料の時空間的統合利用によるインタラクティブな標本観賞支援システム. HCG シンポジウム2017 インタラクティブセッションI-1-19, 2017
  • 木村健一, 山本恭裕, 川嶋稔夫, 中小路久美代, 市立函館博物館 第3展示室 情報ブース「未来」プロジェクトにおける共同制作, 触発するミュージアム-文化的公共空間の新たな可能性を求めて, あいり出版, Chap.8 134-143 2016年
  • 川嶋稔夫, 木村健一, 山本恭裕, 中小路久美代, 総合博物館としての市立函館博物館における鑑賞の様式と触発の連鎖, 触発するミュージアム-文化的公共空間の新たな可能性を求めて, あいり出版, Chap.7 121-133 2016年
  • 中小路 久美代, 岡田 猛, 川嶋 稔夫, 山本 恭裕, 新藤 浩伸, 木村 健一, 影浦 峡, 文化的な公共空間における触発する体験, サービス学会 サービソロジー 3(2) 10-17 2016年
  • 亀ヶ森理史, 川嶋稔夫, 木村健一, 中小路久美代, 山本恭裕, 自律的照明制御がミュージアムでの鑑賞の質に及ぼす影響, サービス学会第3回国内大会講演論文集 388-394 2015年